★青野建築★青野のブログ

☆西宮近辺の住宅リフォーム☆
主に介護リフォームを中心として、住まいの環境を整える
お手伝いをさせていただきたいです☆
一人でも多くの方が、ご自宅で安心した生活を続けていけて、
リフォーム工事を楽しんでいただけるように頑張ります(^O^)

ランキング参加します。
よければ応援クリックお願いします〆(._.)メ
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

バリアフリー敷居


さて、今回は敷居について
事例をご紹介いたします!



『敷居ってなに?』って方のために、
敷居とは扉枠の下枠として床材の見切り部分に用いる部材。



つまり、部屋の出入り口の床材のつなぎ部分です。


沓摺(くつずり)も同じような意味合いです。



写真でも確認してください。


以前のお家は敷居が床よりも高くなっている
ことが普通でしたね。




高齢になってくると、この4cmくらいの
敷居につまずくことが多くなります。
逆に10cmの段差などは意識して
足をあげようとしますので、
小さな段差の方がつまずく危険が大きいです!




そこで、
敷居を撤去して、下地補強を行ったうえで、
バリアフリー敷居を埋め込みます♬
《改修後》


敷居を撤去した分、扉との隙間が大きくなります。
そこで、扉の下に新たに木を足しています♫



床と同じ高さで敷居が仕上がります!
もとの床との隙間もできないように
見切り材を取り付けています。




工事直後は、いつもお客様に
「長年の習慣で、無意識に足を上げてしまうわ。」


と笑いながら言われます♬



ちょっとしたことですが、つまずく心配もなくなり、
安心して生活できますね♬









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。